「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときどき、お正月に病院がヘーちゃんに下した診断を思い出す。

お医者さんは「何か今困ってますか?」って聞いたっけ。

へーちゃんがもし一人で誰も気がつかなかったら
今頃とっくに死んでると思うのね。

上げ膳据え膳、洗濯に掃除、入浴に排泄、あれやこれやの買い物に室温調節。
光熱費の支払い、行政との連絡。時には食事を共にし、時には車で連れ出し……。
すべて私たちがフォローしている。

医者「何か困ってますか?」
私「いえ、何とかかんとか暮らしてますけど……」

「それでは病気とは言えませんね」

家族が全面フォローしてるから暮らせるのであって
完全に自活の能力は失われている。
そりゃ、徘徊も異食もないけれど
そばに家族がいるかどうかで変わる病気の診断って?。

これが例えば胃潰瘍だったら。
脳梗塞だったら。
家族がいようがなんだろうが診断は変わらないでしょう?
治療法の選択の幅はあるかもしれないにせよ。

認知症の診断ってなんなんだろう?

つまりいっそ「認知症ですよ」とはっきり言われたほうが
まだ気持ちが楽だったんでは、と思うわけです。

病気の宣告をされたほうがましと思えるなんて
これも他の病気と違う点だ。

これは病気ですよ、と言われれば
憎まれ口のあれやこれやもすべて「病気のなせる業」と思い、
そのうえで、でもまあのんびりやりましょうよ、とかっこつけられる。

病気じゃないと言われると
じゃ、なんだ、全てはマジなわけ、そういうヒドイ人なわけ、と
むかっ腹の納めようがないっつーか……。

(その日の記事にも書いたとおり
医者が何と言おうと、へーちゃんは、ま、認知症だーね。)

どっちにしろ
寛容な家族のほうが認知症ととりたてて認識されることもなく
年寄りとはそういうもんだ、と昔ながらに大事にされるケースが多いそうだ。
そしてあまり効率化を追い求めていないようなのんびりした地域ほど
地域ぐるみでそういう空気が残っていて、年寄りは死ぬまで大事にされて死んでいける、らしい。
「痴呆」とは、効率を追い求める現代の風潮が生んだ老人への新しい視線、というわけ……。
(ここらへん、下記の「痴呆老人は何を見ているか」より)



それにしても、だ。
そんな地域がまだ残っているとして
多分、そういう年寄りには社会性がある。社交力がある。
だから声をかけたりかけられたりして地域とつながってられる。
そして多分自分なりのちょっとした仕事や役割があったりもするんじゃないかな。

へーちゃんにはそれが皆目ない。畑も生き物もきらい。
何も生み出さず、人とも交わらない……。

すばらしい特養ホームや年寄り同士の協働の暮らしが成功して
お年寄りの精気が甦った!なんて本を何冊か読み
家族で扱いに失敗しているようなら(つまりその人の活気が蘇らない)
プロの手に委ねて生き生き生きてもらえるなら
その方がいいんじゃないか、なんて考えないでもないけど
一方
入居するお年寄りにも適性というか素地ってもんが必要なんではと思う。

そんな誰も彼もがいい人じゃないでしょう。
若い時もこなれたコミュニケーション術なんか決して持ってなかった人が
年取ってからいきなり人と交わって輝きだすなんて
信じられない。ありえないと思う。

「生活の手伝いをする」という美名の下に自活能力を奪ったヨメの
誤った先入観と偏見かもしれませんが……
ま、へーちゃんには無理。

という点でこの前だんなと意見が一致し
救われたような。同士感が芽生えたっちゅーか。
古びた夫婦の共同作業。


そうそう、だんなの会社の人でお母さんをわりと早めに特養に入れちゃった人がいて
それを他の人がちょっと非難する、みたいな場面があったんですってさ。
私→「いやあ、それもひとつのありようだよ。できるんだったらいいと思うよ」
だんな「そうだよねえ、非難するのは一緒に暮らしてない人の意見だよなあ、いろいろあるよなあ」
なんてまさかこんなとこで共感しあうとは思わなかった。
だんなよ、あなたもそう思ってましたか、そうですか。

ねええ…………。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

【2009/08/07 15:15】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |


あみか
私もへざーアイスさんと同じ思いをもっています。アルツハイマーと診断を受けた義母をひきとり同居をはじめました。毎日自分が住み慣れた家に帰りたい、一人できままにくらしたいと訴えます。確かに一日中嫁に見張られ、通帳やもとの家の鍵をとりあげられ、義母にとって楽しいことは何もないでしょう。でもお金の管理はできず、泥棒がはいったと警察をよび、その日の約束が覚えられないほど記憶力がなくてどうして自活できるの?火事をだしてからでは遅いでしょう。認知症になってもいきいきと暮らして欲しいけど、どうしてあげたら?私たちの自己満足で同居してるより施設のほうが義母にとっていいのか?私が自活能力をうばってるのかもと。へざーアイスさんのブログで自分の愚痴みたいですいません。




ぷぅちゃん☆
文句言ったもん勝ちなんじゃないかって思う
いまの世の中・・

こんな大変なんですよ!って
もっとアピったらいいんだろうか・・??

わかんないですよねぇ。

あみか様へ
へざーアイス
あみか様

ご訪問ありがとうございます。
あみか様も悩ましいところを生きてらっしゃいますね。その人を守るためにしていることなのに、その人自身からは理解されない。ベストはこれ、という明快な答えもない。そうこうしている間にも進んでいくその人の脳の萎縮。………。
家族、特にヨメは、それでもそれでも最善、もしくは次善ぐらいのところは選択できているはず、と信じていくしかないようなんですよ。家族が周りで心配して悩んでくれるなんて、本来はすごい幸せですのにね。家族に恵まれていない人もいる訳ですから……。
ある時点まで行ったら、家族で健闘を称えあい、別の選択に進むということもありなのかなあ、どうなのかなあとやっとぼんやり考え始めたワガヤです。
あみか様も、どうか思いつめませんよう。できることはやってるよ、とお思いになって、あみか様自身の楽しみも楽しめますようにいのってます。
またいらしてくださいね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私もへざーアイスさんと同じ思いをもっています。アルツハイマーと診断を受けた義母をひきとり同居をはじめました。毎日自分が住み慣れた家に帰りたい、一人できままにくらしたいと訴えます。確かに一日中嫁に見張られ、通帳やもとの家の鍵をとりあげられ、義母にとって楽しいことは何もないでしょう。でもお金の管理はできず、泥棒がはいったと警察をよび、その日の約束が覚えられないほど記憶力がなくてどうして自活できるの?火事をだしてからでは遅いでしょう。認知症になってもいきいきと暮らして欲しいけど、どうしてあげたら?私たちの自己満足で同居してるより施設のほうが義母にとっていいのか?私が自活能力をうばってるのかもと。へざーアイスさんのブログで自分の愚痴みたいですいません。

2009/08/07(Fri) 19:01 | URL  | あみか #-[ 編集]
文句言ったもん勝ちなんじゃないかって思う
いまの世の中・・

こんな大変なんですよ!って
もっとアピったらいいんだろうか・・??

わかんないですよねぇ。
2009/08/13(Thu) 17:16 | URL  | ぷぅちゃん☆ #C8U5YJ.g[ 編集]
あみか様へ
あみか様

ご訪問ありがとうございます。
あみか様も悩ましいところを生きてらっしゃいますね。その人を守るためにしていることなのに、その人自身からは理解されない。ベストはこれ、という明快な答えもない。そうこうしている間にも進んでいくその人の脳の萎縮。………。
家族、特にヨメは、それでもそれでも最善、もしくは次善ぐらいのところは選択できているはず、と信じていくしかないようなんですよ。家族が周りで心配して悩んでくれるなんて、本来はすごい幸せですのにね。家族に恵まれていない人もいる訳ですから……。
ある時点まで行ったら、家族で健闘を称えあい、別の選択に進むということもありなのかなあ、どうなのかなあとやっとぼんやり考え始めたワガヤです。
あみか様も、どうか思いつめませんよう。できることはやってるよ、とお思いになって、あみか様自身の楽しみも楽しめますようにいのってます。
またいらしてくださいね。
2009/08/13(Thu) 17:26 | URL  | へざーアイス #Tk9dBayE[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。