「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の水曜日の朝、
デイサービスに向かう前2時間の間
例によって
へーちゃんからの電話攻勢あり。

「お金がないの通帳がないのもりぞう(うちのダンナ)が通帳見せてくれるって言っててずっと忘れてるのよ今日お金がいるのよ。」
はいはいはいはい。ん?
「へーちゃん、今日はお金要らないと思う。」
「いるわよ」
「ううん、ぴのぴの(デイサービス(仮名))ってお金持ってかなくてもいいのよ」
「………ぴのぴの?……それ、なんだっけ?」
んんん?「毎週水曜日行ってる所。今日お弁当なんでしょうね?」
「ああ、お弁当食べるところねえ……」
「ね、いつもお金持ってかないでしょ?」
「ぴのぴのはそうねえ、……でもいろいろ要るのよ」
「……要らないですよ、大丈夫。」
「だってパチスロするのよ?」
ほええええ?
「お金がないの通帳がないのもりぞうが通帳見せてくれるって言っててずっと忘れてるのよ今日お金がいるのよ。」
「あらまあ、しょうがないですねえ、もりぞうさんに言っときますね。ねええ、忘れちゃだめですよねえ」
「そうよねえ、パーマにも行きたいの」
「パーマはねえ、今度ぴのぴのでやってくれますよ」
「でもいつものお店に行かなくちゃ」
「とても上手な美容院が来てくれるんですよ、大丈夫」
「でも、行かなくちゃ!」
「ちょっと遠いですよねえ」
「………(じれている気配)いるのに……(ぶつぶつつぶやいている)……」
ぴーん。やっぱりパチスロ代が欲しいんだね、これは。

女だもん、そりゃパーマかけたいよな、いい兆候だわーと本気にしかけましたが
こりゃ、何とか言ってお金を引き出したいんだ。

へーちゃん、すんごい頭使ってるじゃん。
いいぞいいぞ~。
それにしても全然懲りてないね~~。あははははは
認識できないんだもんね~~、無理だよね~。

‥‥往診のお医者さんが
事情を知った上でそれでも
「行かしてあげたら」っていうんだ。
「行き来が心配ならダンナついてけばいいじゃない」って。
(いや、私はパチスロなんて店に踏み込むのもごめんこうむりたい、それだけは絶対いやだ)
ダンナにお医者さんがそう言うんだけどって
相談すると
「冗談じゃない、いくらかかると思ってるんだ!
誰が出すと思ってるんだ!」

ごもっとも。年金だけではまかないきれないほどかかる。

最近のパチスロはねえ、いくらお金があっても足りません。
ダンナだってそれはそれはそれはパチスロに詳しい。
一時は「パチスロが本業、会社は副業」とウソブクほどの入れ込みよう、稼ぎよう。
それがここんとこ
ぱったりまったく行かなくなったほどだもんね。

パチスロやさんではね、
へーちゃん大事にしてもらえるらしいんだ。
そりゃそうだよねえ、金握ってくるもんねえ。
ウチでより、金握っていくパチスロやさんでのほうが
自分は大事にされていると思えてそれで行くのだろうか、と
落ち込んだりもしたもんですが

なんの。

そんなたまかい。

高らかに言わせてもらおう、
へーちゃんは今や射幸心の塊なのさ!!!

(でもね、限られたお金なら老人のいい楽しみかもね。
だから週5000円だけいいよって渡そうか、って言ってるんです。
30分はもつかも。
行き来が心配?
なんの!
それで事故ったって本望でしょうとも
舞台で死ぬ女優のように!

と豪語した後で
やっぱりそれは避けたいなあ
入院して何にもわかんなくなっちゃうなんてのもいかんしなあ
とも思う‥‥。)

自力で歩けないへーちゃん
杖も歩行器も「年寄りくさくていや」と使わないへーちゃん
買い物に誘おうと散歩に連れ出そうとも
「こんなこといくらしても、しょうがないわねえ‥‥」とぼっそり言うだけで
何にも目が輝かない。

そのへーちゃんが
パチスロだけは自分で出かけていく。
生まれたばかりの子馬のような足取りのへーちゃんが
どうやってたどり着くのか未だにまったくもって謎なんですが
(知らないうちに出かけている‥‥)

そこまでしたいのなら、もう
しょうがないのかも知れません‥‥。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


スポンサーサイト

【2008/04/26 17:53】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
こんなこた
言いたくないけど


へーちゃん、
無意識に
私ら夫婦が人並みの貯金ぐらいはある
しっかり貯めてる、と思ってたと思う。

借金を清算できる経済力を
息子夫婦が持っていなかったら
いったいどうなっていたのだろう?

と考えると、ね?
修復力が全く期待できなかったら
どっかでブレーキかかったんではないかと思うんだ。
だって下手したら
心中ものだし(!!!!)
実際世間にはそんなこと、あるでしょう。

それとも
認知症って
そんなこと全く関係ないのだろうか。

あるいは
そうかも知れない。

(へーちゃんが何を理解していて
何をわからなくなっているのか
こまかく細分されていて、毎日状態も違うので
正確にはわからないのです。)


そして親子の
玄関to玄関1分という状況。

子どもが小さいころとか、
もっと前の共働きの頃
へーちゃんには実際助けてもらった。
それでお礼を言うとね
「いいのよ、私が動けなくなったら
世話してもらうもの」って‥‥‥

いやーーー
100%本気だったんですねー


子どもをアテにして老いていくって
よくわからない。
子どもが何とかしてくれるという安心感。
親はこれが「欲しい」だろう。
でもこれがあると
認知症発症率高まりませんか?
そんなことない?

私らがそばにいるから
へーちゃんのQOCは低下したのでは
いや、押しとどめ助けているのは
他ならぬ私たちだ

等々
まあ、考えちゃいますわねー‥‥
考えても仕方ないけどねー‥‥

目の前に困っている肉親がいれば
かつて世話になった人であれば
伴侶の母ともなれば
サポートしますとも。
へいへい。
それが私の人生に与えられたお仕事ならば。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

FC2blog テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2008/04/24 11:44】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
へーちゃんは
つい先ほどデイサービスからの迎えの車に乗り込んだ。

ほっ

ところで
先月末の初回の出発のときはあれほど手間取ったのに、
今日は2時間前にはもう支度を整えていた。
!!!!!!!!
うわ、やる気満々!
そんなに楽しみになっちゃったの?






と思いきや。
ところがどっこいだ。


結論から言うと
へーちゃんはパチスロに行くつもりだったんだね。
パチスロに行きたかったのに
お金がないので仕方なく車に乗ったのだ。


へーちゃんがパチスロ。
あっはっはっはっは!!!
黒い笑いがこみ上げてくる。

かいつまんで言うと
へーちゃん、
パチスロにはまって
250万円の借金こさえまして。

わっはっはっは!すごいよね!!
じょーだんじゃないよっっっ
うちがきれいさっぱり肩代わりして
清算しましたさ!!!
月々の請求待ってたら利息がばかばかしいので
請求書出てくるそばから
一括返済だ!
すごかったぞーー
もう終わったかなーと思うと
別の銀行からまた届くの!
(キャッシングの請求を
ほかの銀行から次々借りてしのいでいたらしい。
常套ですね。)
サラ金じゃなかったのがまだしもかな?
それはそうだとしてもだ
この銀行のATMからキャッシングできるっての
何とかなりませんかね?
何がキャッシングだ、借金て書け、借金って!!!!!!!

へーちゃん曰く
「だって、自分のカード入れたら出てくるのよ
私のお金よ
借金なんか1円もしたことないわ
なに言ってるの????
私がそんなことするわけないでしょ?」

おい。おいおいおいおいおい。

(これがおおマジで言ってるから
こっちの気がおかしくなる。)

確かに今の銀行のカードってIC化されてて
貯金の出し入れとキャッシングと両方1枚のカードでできるわな。

‥‥って、できなくていいよ!!!

「お金、出てくるんだもの」って
でも、貯金の出し入れかキャッシングか
画面上のボタンで選ぶはずだ。

あら、こっちのボタン押すと
お金が出てくるのねってですか。


はああああ‥‥‥‥‥‥‥‥‥。


勤め人だって200万300万に借金膨らんだら自己破産を考える。
一介の、しおれたばーちゃんが
年金が入るとはいえこの額借りるか。

その年金。
へーちゃんは元祖キャリアガールとでもいう人で
自分で働いたおかげの年金がしっかりと入る。
そのしっかりした額を
入った日にほとんどおろして
さあ、パチスロ。
ダンナが月々その上に足してあげる生活費も丸々ホクホクパチスロ。
自分の保険、解約してさあパチスロ。
じーじの保険も解約してパチスロ。
(おかげでじーじの死に際、金かかってシカタナカッタヨ。)
家賃のためにおろしたことも忘れてさあパチスロ。
おかずを買いに出かけたはずなのにパチスロ。
美容院に行くと言ってたのにパチスロ。

家賃が払えないことが多くなり(民間アパートに住んでる)
(頼まれて何回か補填した段階で「?おかしい!」と
もっと危機感を持つべきでした。
うちも迂闊。)
食費にも事欠くようになってはじめて
何とかしてくれ、恥を忍んで頼むと
今は亡きじーじが打ち明けてきたのだ。

遅いよ。

そして、前述のように
あまりにしれっとしてるへーちゃんの様子が
あまりに異様だったので
認知症を疑って受診したのです。
ギャンブル依存は言うに及ばずね。

(このくだり、別項にしますが
皆さん、受診先は選んだほうがいいですよ。)


そんなこんなで「こりゃだめだ」と
へーちゃんの通帳を預からせてもらってるんですが
そのことについて
ダンナは泥棒呼ばわりされている。
そのたびに
「あんたが前に借金こさえてさ」と説明を試みるダンナ。
(そのたびに
「そんなうそ言って私をいじめる」のなんのと
大騒ぎだ‥‥。)

でも1日で忘れる。

そして毎日のように「通帳返してよ~」と泣きの催促。

月々援助して、借金も全部肩代わりしたのに
こっれっぽっちも感謝してもらえないダンナ。
そりゃ、ダンナ、参るわなあ。

わたくしだっても
贅沢言わないで(海外旅行も、持ち家もいい服も宝石も車もなし生活。まあいいやねそんなのは。OKOK。)
毎日倹約して(いや、スーパーで毎日悩む悩む)
嫉妬心を捨て(ははは)
それでもほんとに幸せにくらしてんだけど
でも、250万
ばばのパチスロのお代に持ってかれちゃあねえ。

ほんと、

なんつーか。

この徒労感たら。

ぶつけるか晴らすかって言っても
下手なやりかたしたら
幸せ壊しますし。
(というわけでブログでも書くかって訳です。
とほほほ)



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

FC2blog テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2008/04/23 11:35】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
4月の頭に、へーちゃんの
長年の座椅子生活を
私が強引に変えた。


足の付け根が痛い痛いとのべつ訴えるへーちゃんに
往診の先生が
「いすの生活にしましょうよ」とアドバイスし続けて1年強。
座椅子の生活よりそのほうが
腰への負担がぐっと軽いそうだ。

そりゃそうだ、立ち歩く時のよすがは机のへりなんだもの。
つまり、腰をぽっきり二つ折りにして
ちゃぶ台のへりをたどりたどりつかまって
ずっと部屋中を移動しているわけ。
どんな若い健康な人でも腰を痛める姿勢でしょう。
(考えただけで疲れる)
それなのにへーちゃんはこの一年
どんなに先生と私が勧めても
いすの生活にうんとは言わなかった。
絶対の拒否。

でも私の根気は切れてしまった。
もうへーちゃんと顔をあわせれば聞かされる
「イタイイタイ」にうんざりしてしまったんです。
このままほっといたら
ますます腰やら足やら痛くなって動かなくなって
(兆候は充分ある)
ゆくゆく寝たきりになるよ。
そんなの引き受けるのぞっとしない。
へーちゃんもわざわざそんな風になりたいわけではないでしょう。
私のために、私はやったのです。
私とへーちゃんに必要だから。

老化現象は「治る」ものではない。
けれどちょっと改善を図れるのだったら
だめもとでなんでもやるんだ。
という、認識、覚悟、知新の心意気を
へーちゃんが失って久しい。

だったら
私が肩代わりするしかない。
罵倒されて結構、
必要なことはどかどかやるんだ。
(この開き直りにたどりつくまで
結構かかりました。
これについては別項で改めて。)

85歳になる今の今まで
机といすで生活したことがなかった人なので
どこまで拒否し続けるかなー
泣いちゃうかなーと思いつつ
どんどん購入、搬入、模様替え。
その刹那はもうへーちゃんはやはりヒステリー、悲鳴、叫喚。
「あとで自分で直すからいいわよっ」
「人のうちで勝手に何やってんのよっ」等々
耳をふさぎたくなるような
というか100倍返ししたくなるような拒絶の言葉の数々を浴びましたが
(いや、へーちゃん元気じゃん)
3週間もたとうかという今は、
結構順応している。
というかその日の夜には
「あら、いいわねえ、早くこうすればよかったわねえ」とおっしゃる。


はあああ‥‥‥。
どうしてもいやってこの一年強、言い張っていたのは
あなたなんですけど‥‥。


模様替えをしようとして
へーちゃんの拒絶のあまりの激しさから
ダンナが逡巡して止めたこと、一度ならず。
それもダンナが
へーちゃんの愁訴がどんなに頻繁、というか恒常的で
聞いてるほうも同情というより
わずらわしく
へーちゃん自身にとっても、実際
生活そのものがどんなに大変かを
理解できないせい。


実子の理解を得るのさえこんなに大変なのか!
会社と自宅の往復でせいいっぱいのダンナには
へーちゃんの抵抗の無意味さがわからないのか!!と
虚脱感募ることたびたび。
あまりの鈍感さに「離婚」が頭をよぎる。
「あんた、あたしが世話すりゃいいと思ってんでしょ
世話してくれるからいいもん、て」と。


私が品を見繕って実行に移そうとするたびに、
白紙撤回、ということが何回かあり
ついに私はじれ、切れた。
へーちゃんやダンナの許可なんか待ってたら
へーちゃんが死んでしまうまで変わらん。
これは、この私が決行するしかない、
もう、やっちゃうもんね!と。

結果、オーライ。
拍子抜け。
バカみたい。

ダンナいわく
「良いと明らかなことは、
意思を確かめないでやっちゃってもいいようになるんだね」

だからさ、へーちゃん、認知症なんだから。
的確な判断なんて
もう
できないの。
全部ただの気分なの。

デイサービスの件とまったく同じ経過でしょ?
(この件また追って)
まだわからんか。
まだ認められないか。

へーちゃんは

認 知 症 なんです。


息子はかくのごとく
実母の認知症を受け入れがたいものなのか。


‥‥‥‥。


まだまだ、のどかな段階の認知症に対応しようって時でさえ
夫婦間に
これだけ認識にギャップがある訳です。というお話。ちゃんちゃん。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


FC2blog テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2008/04/22 02:20】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
ついさっきなんですが
へーちゃんちに朝ごはん持っていったら
いつもは9時までお寝床にいるへーちゃんが
8時半にすっかり起きて身支度していました。(奇跡だ)


でも
喪服。

ちょっとぎょっとする。
「?!?!あら、どーしたんですか、喪服ですかあ」ときくと
「だってお墓参り行くんでしょ?
10時って言われて起きれるかしらってずっと昨日から思ってたの。」
えーとー。
「お墓参り、日曜日に行きましたねえ」
「あら、今日よ
もりぞうが昨日から明日10時だよ、10時だよ、って何回も言うのよ」
「「もりぞうさん(うちのだんな、へーちゃんの実息子))は今単身赴任中でーす。車もありませーん。お墓参りは土日しか行かれませーん。」
「あらそうなの?」
「はい。残念ですが。また土日に行きましょっか。」


面白いなあ。
記憶は出たり引っ込んだり順不同になったり
時系列が乱れたりするんだなあ。



ところで今日はデイサービスの日。(それで取り違えちゃったかな、と思いつつ
日ごろのへーちゃんには曜日感覚ないしなあ、不思議。)
だから身支度はとても素晴らしいことなんですが
も、もふくはちょっとびっくりされるかなあ、ま、いっかあ、ははは(‥‥)。
だってこれから着替えだしたら
きっと出かけそびれるもん‥‥。



FC2blog テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2008/04/16 09:34】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
車でじーじのお墓参りに行きました。
公営の合葬墓地です。

一緒に行こうね、行くのよ、と説明したとき
「墓石は?」と何度もへーちゃんが聞きます。

墓石じゃなくてお山なの。
墓碑銘もあって今度名前入れてもらうのよ。

と何度説明しても
「だって墓石がなくちゃあねえ」と納得してくれない。
「あそこなんにもなかったじゃない」「あんなところがそうなの?」
いやいやそんな、立派なもんなんですけどね‥‥。

「2~300万あればお墓建つっていってたじゃない」
そうですねえ。
「2~300万あればお墓建つんでしょ?」

‥‥あればねえ。
「私が貯めるからいいわよ」


‥‥‥‥‥。
こんな時、赤の他人なら「あら、すごい、がんばって貯めてくださいね」とでも
返すのだろうか?
でも500万立て替えた(そうなんですよ!)身内としては
とても笑えない。
黙っているのがせめてだ。
黙って笑顔のつもりで凍りつきながら
心のうちでむっとする。その前に金返してくれよ、と。


そんなこんなで波乱を含みつつとにかくも
用意してさあ行こうという段になって
「どこへ行くんだったっけ?」
じーじのお墓ですよ。
車に乗ってしばらくたっても
「どこへ行くんだっけ?」
じーじのお墓ですよ。
「あら、ついたの?はじめてきたわねえ」
‥‥2回目かな?


で、ね。
どうやらこうやら
行って帰ってきましたの。
ちょっといいご飯を食べたり
ホームセンターで買い物したり
痛い思いして(経済的に)買った車で。

で、夜には
自分は今日どこにも行かなかったというわけです。
買った車を見せてもくれない、乗せてもくれない、と。

え-とー。
今日。乗りましたねえ。

最近ちょっと症状が進んだかなあ。

こんなとき怒らず問い詰めず
「今日はお墓に行きましたねえ」と
返すのには結構、こう、なんていうか
胆力(?)がいりますわねえ‥‥。

この徒労感をどう処理したら?
などとは考え込まずに
何とかかんとか散らして笑い飛ばすしかない。

あっはっはっは!
もーっへーちゃんったら!
面白いこというんだから!!
(‥‥とは言えません、すみません)

FC2blog テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2008/04/13 03:23】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |


みんな の プロフィール
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mihomopr/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。


コメントを閉じる▲
へーちゃんが「電話が壊れたので
電話局にいって調べてみて欲しい」と
2分おきに電話をかけてくる。

固定電話が料金未払いで止まったようだ。
でもPHSを持ってるので
電話できたわけ。

ところで
この未払いの原因は2つある。

へーちゃんちに毎月請求書が送られてくるのを
私が見つけて払いに行っているのだけど
この請求書がよくなくなる。
へーちゃん、
すごいところへしまいこんでしまうからね‥‥。

届いたこともしまったことも
請求書というものも
わからないのです。

2つめはまさにここ。
何を買ってもどんなサービスを申し込んでも
必ず自分の口座から引き落とされるはず、
という固い信じこみ。
口座番号を知らせていないのに
なぜそんな素晴らしいことが起こると思うんだろう‥‥。
ま、年寄にはありがちなささやかな間違い、ですわねー‥‥。


てな訳で
としよりとは別居してる、でも
としよりんとこに請求書や行政からの通知が送られてくる、
そして度々なくなってトラブルになるって方、
もし可能ならとしよりのポストにふたをして
あなたのおうちに郵便局で転送手続きを取りましょう。
1年ごとに更新が必要ですが
こういうケースも可能だそうです。

(ウチは、まだ気の毒な気がしてしてませんが‥。)



FC2blog テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2008/04/10 10:34】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
何から書いたものやらと思いつつ

これは、「介護日記」「認知症進行メモ」というものになると思います。

(在宅介護日記が「福祉・ボランティア」ジャンルであることに
なぜ私は違和感を感じるのだろう?)

*状況。
  民間賃貸アパートの2階に住む私、連れ合い、中学1年の息子。
  その1階に住むへーちゃん(=連れ合いの母)。
  
  じ~じ(連れ合いの父)2006年末に胃がんが発見され、
  入退院を繰り返し、
  在宅看護の後、2007年5月死去。 
  ばば(=へーちゃん)一人になる。85歳。微妙に認知症。
  一進一退しながらつまりは進行している。
  もひとついうと、
  連れ合い、鬱病になりまして
  2007年1月~5月、休職しました。フザケロヨ。あ、ごめん。
   
  こうして私の介護ビギナー生活が始まったわけです。

*このブログ。
  このへーちゃんの認知症ってどんな段階なんだろう?
  この先どんな進行を見せるのだろう?
  私や連れ合いや息子はどう対応していけばいいの?
  
  ‥‥なんて点についてネットを読み漁ったわけですが
  認知症もまた人の数だけバリエーションがあって
(もちろん類型分類も可能だけど)
 なかなかばっちりおんなじ感じ、なんていう記述を探し当てられない。
 介護する側の人も、ありとあらゆるタイプの人間がいるわけだし。
 正直、あまり愚痴っぽいのも読みたくないしなあ、
 かといって、私はそんなお優しい人間でもないので
 皮肉のひとつも効いてないってのもちょっと、
 なんてわたしのより好みも激しいしで。

 だから私の備忘録を
 ひとつの事例としてここに掲げとくのも
 まあ、まかり間違ってどなたかの参考になることもあるかもしれないないかもしれない。

 そんな感じです。

 因みに、何から書いたものやらは、相変わらずながら
 かろうじての整理として 
 今日の日付’08.4.9以降はほぼリアルタイム進行。
 以前は、過去分掘り起こし。

 さてさて。

 

 

FC2blog テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2008/04/09 00:25】 | ’08.4.9(はじめに)
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。