「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーちゃんのおかずを
食べやすいように、と刻むと
今度は箸でつまめない。
そしてぱっと見、何だか分からない。
「これは何?」と延々と聞かれ続け
答えても分からないヘーちゃんにちょっとショックを受けることになり……。

(「これは何?」
「厚揚げですよー」
「?」
「あーつーあーげー」
「へーろーめーたー?」
「ちがう、あーつーあーげー」
「あつあげ?」
「そう」
「なるあげ?」
「あーつーあーげー」
「あつあげ?…あつあげってなんだっけ?
そんなの食べたこと無いわ……」
「……!!!!」

なんてふうに、ものの名前とそれにまつわる記憶がすっぽりなくなっていることがある。
この前は「どしゃぶり」がわからなかった。
その前は……
こちらが何か特殊な用語か方言かを言っているような気がしてくる。
あれえ?どしゃぶりって普通言わないんだっけ?なーーんて。)


では、お箸やナイフで切りながら食べられるように、と
軟らかく煮て大きめに出すと
「あら、随分大きいのね、もっと小さく切るものよ?」
うるへーよ
「文句言ってるんじゃないのよ、
ただそうだって言ってるだけ」
うるへーって。

この「文句言ってるんじゃないのよ」~。
へーちゃんはとてもよくおっしゃる。
ウチでもこれを皮肉たっぷりに言い合うのが
一時はやっちゃっておかしかったなあ。
言われた方が決まって「ぎゃーーー!!あんたまでやめてーーーっっ」と
悲鳴を上げるのが面白くて(おい)。
何回かやるうちにお互いすっかりうんざりして
影を潜めましたが。
(なにせ、ご本家へーちゃんの攻勢は全く衰えないわけなので……)

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

【2009/05/31 12:00】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
今日はケアマネージャーさんが来て
月一のミーティングでした。
話題が食事のことになり
「私はねえ、何でも食べるんですよ」とブチアゲ始めるへーちゃんに
もう私はお愛想も返事も繰り出す元気が今日は無く
目を伏せて黙ってはいはいうんうん、とうなづくのみ。
するとへーちゃん、調子が出てきて
「私はねえ、野菜も肉もお魚も何でも食べるんですよ。
自分で何でも作りますしねえ。肉でもねえ、野菜でもねえ
なんでも……そりゃ変な物はいやよ?でも
何でも食べなくちゃ健康に悪いじゃない?
よっぽどのことが無い限り、ほんとになんでも食べるわねえ」と
ご高説を垂れ、タレ、タレ流し。
いつものことながらいつにも増して
これが胸にコタエ、苦々苦々、顔だけ笑って黙り込んでいた。
そしてギリで「へーちゃんは豚カツがお好きなんですよねえ」と
言ってみたら
「そうねえ、カツは好きねえ
私の誕生日が七草粥の日でしょ?」とまた一くさりあり
そして「でもここしばらくカツなんか食べてないわねえ」
なーーーにーーーをーーーーーっっっっ!!!!?????
「昨日のお昼カツでしたよねえ」
「うそよお」
…………。
あなたがカツしか欲しがらないので
カツが食卓に乗る頻度ったらかなりのもんですよ。
3日に一回以上召し上がってますよ。
「最近、私は揚げてないし……」はあ、まあ、ねえ。
カツ揚げるどころか、
2年ほど炊飯器のスイッチも押してませんよねえ……。
とますます苦々していると

ケアマネさんが
「お肌も髪もいいつやですもんねえ。
お食事のバランスがいいのが見て分かりますよ」

私ははっとして
目から塩水がどっと出そうになった。

そうだ、私のクロウの結果はへーちゃんの状態に出るんだ。

誰も知らないけど
へーちゃんの状態が何よりの証拠?

へーちゃんが死ぬまで健康であることは
私が最大限楽ということでもある。

……なるほどー。そういうことなら
頑張りようもあるかも知れない……。


へーちゃんに気持ちよく過ごしてほしい、というよりは
私本位の動機だけれど
許してほしい。
こうまでたたかれてまだ立ち上がんなくちゃいけないんだから。
なんかこう、実利的な理由でもなくちゃ動けないんですよ……。
今回けっこーへこんだもんで……。
このナーバスさ加減に
あーら、私、けっこーやられちゃってるじゃなーい?
と自覚。

盛り上がんなくちゃ!!私、まだまだ人生半ばだもの!!!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!

【2009/05/30 12:00】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
へーちゃんの食事作りは離乳食作りとちょっと似ている。
大人本来の食事から引いたり足したり刻んだり煮込んだり。
離乳食と違うのは
がんがん文句言われること。

「あらー、この切り身骨だらけ。
昔は骨なんかひとつも無かったもんですよ。
ほんとに今の人は魚の切り方も知らないのね。
おお、いやだいやだ、
ほら、見てよ、骨だらけでしょ?
ああ、いやだいやだ、ここも小骨が、ほら。
昔はねえ」以下同様エンドレス。

しゃべってないでさっさと骨取って食え。と言いたい。

いや、わざと、指先と目を使って、脳みそ動かしてもらおうと
わーざーと!、魚出すんですけどね。
もう限界なのかなー
お魚って骨取るとグズグズですよね。
もうそうやって出してあげなくちゃいけないのかもしれない。
めんどくさいよーーーー。もう魚出すのやめようかな。


なんて思ってたら、
でも鮭っていいらしいですね。年寄りの脳みそに。
昔から魚のうち鮭だけはへーちゃんよく食べてた。
食べてなかったらもっと悪い状態だったかも?なんてね。

しょうがない。骨取って出すとするか……。


(なんて悩みながら生協のカタログをめくっていたら
骨抜き処理済切り身って売ってるのね。
これにしよう……。
どこかの工場でこまこま骨抜いてくれている人、
ありがとう~~~!!!すっごい助かります。)


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!

【2009/05/29 12:00】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
へーちゃんの食事に何を出せばいいのか
悩みは尽きない。

何をどう出しても
おいしいとはまず言ってくれないので
もうなんだかどうでもいいやって気持ちになり
ええい、今日は買ってきたお弁当だ!と出すと
これが一番「あらおいしそう~」って喜ばれたりする。
(それでも、ものすごく悩んで選んでくるんだけど。
筑前煮は固いだろう、中華丼は玉ねぎがダメ、にんじんも白菜も筍もダメ
ホイコーローはキャベツが噛み切れない、etc.etc……
結局、カツ丼。
カツなんて噛み切れるのか?と思うでしょ?
ところが何があっても
カツだけは召し上がるんだ。
きっと意識がなくなってもカツだけは食べるんじゃないか。
カツ出したら起き上がるね。

とにかくカツが好きで好きで
人の顔を見れば自分はいかに小さい時からカツをアイシテ来たかを語り出す。
「誕生日が七草粥の日でしょ?今日はおかゆだよって言われるのよねえ。
だからカツにして、カツにしてって言ったのよ……」
ざっと計算してみたら大体1800回聞いた。この話を。はははは。

(いや、もう作るのがほとほといやな時は
どんどん買って来るね、私は。
「いくばくかの金で解決できるなら安いもの」というのが
最近の私のスローガン。)

「へーちゃーん、何か食べたいものある?」
「そうねえ、なんでもいいわあ。…特に食べたいものってないのよ。出てくるものなんでも食べるわあ、でもカツなんかいいわねえ」
「へーちゃーん、お夕飯何がいい?」
「そうねえ、なんでもいいわあ。…特に食べたいものってないのよ。出てくるものなんでも食べるわあ、でもカツなんかいいわねえ」
毎日毎日判で押したような会話。
時間が止まっているようだ。
ほんとに止まっているならいいのにねえ。
そしたらあなたも永久に不平不満を楽しめますよ………。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!

【2009/05/28 12:00】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |


ぷぅちゃん☆
考えようで・・
もうそれでえぇならエェやん!ってことで。ね^^


ぷぅちゃん☆さまへ
ヘザーあいす
ぷぅちゃん☆さま 

コメントありがとうございます。
お返事もろくにかけないだめだめな私の
書くものなんか読みにきてくださって。
ぷぅちゃん☆さまが読んでくれてる、と
思うだけでこの世に証人を得た思いがします。

ぷぅちゃん☆さまからもタタカッテいる気配がひしひしと。
あたしもタタカオウ……
(相手は誰、何と考えてみると、
VS自分をなくしそうな自分、かも知れません……v-12

コメントを閉じる▲
この備忘録の元になっている私のネタ帖は
そもそもの動機が
介護認定に備えるためだった。
へーちゃんにどんなことが起きていて
へーちゃんはどう困っているか
家族がどう困っているかを
なるたけ正確に伝えて、介護度をカチトラネバ!と
メモをつけ始めたわけだ。
だから、困っていることにまず注目してしまうのは
もう「癖」ね。
今日は何々に喜んでもらえた、とか
今日へーちゃんは何々を楽しんだ、というような記録にはなりにくい性格を
そもそも帯びている。

にしてもだ。
へーちゃんにとって
何が楽しみや喜びなのかさーーーっぱりわからない。
それを捉える私のアンテナがすっかり磨耗してしまったのだろうか?

楽しみを提供したり紹介できたらと努めてきたつもりだけど
功を奏したとはあまり思えない。

私が持ち込んだり渡したりしたもの。

塗り絵、クロスワードパズル、漢字パズル、デコシール、小銭(www)、折り紙、裕ちゃんを中心に昔の映画のビデオ………。

どれも放置されている。

へーちゃんが通販で買い込んだもの

美空ひばりのテープ、裕ちゃんの音楽テープ、指編み、絵地図、折り紙、日本史の戦争記録ビデオ……

これらも届いてから箱からほとんど出していない。
時々、たまたま開けて、「どうしてこんなものがここにあるの???」と言ってびっくりして
またしまいこんでしまう……。欲しかったり聞きたかったりやってみたくって買ったんじゃないのかなあ。

とダンナに言うと
「オマケが欲しかったんじゃない?」だって。
そう懐中時計とかね、ちょっとした粗品がついてくるんだよね。
そんなもののために?結果、その時計いくらしたことになるのかなー?

どれもこれも遊ぶにはいいネタなのになあ。
何も興味を惹かれないんだ……。

つまり。
やっぱり、かなりの年齢になる前に
自分の趣味とその仲間を育てておかないと間に合いませんてことだ。
老後の楽しみは老前から。
楽しみは一日にして成らず。



やぎさんを水際まで引っ張ってっても
水を飲むのはやぎさん自身。
水はここにありますよーーって叫び続けてみたけれど
もう本人には届きません。
遅かった。もっと早くにお誘いすれば、と思わないでもないですが
ヨメに勧められて新しい趣味を見つけたりする素直なタマだったかい?

へーちゃんについては
私には分からない何かを瞬間瞬間楽しんでいますようにと
願うばかり。

…良くも悪くも
わたしはヨメなんだなあ、他人なんだよねえ。
できないことはできない、無理って割り切れるもんなあ……。

介護について割り切れず、悩み続ける心優しい方々を
尊敬します。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!

【2009/05/27 12:00】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |


ぷぅちゃん☆
老後の楽しみは老前から。
楽しみは一日にして成らず。

・・・・深い、深いなぁ・・・・。

だからこそ、
自分を大事にしようとつくづく思います。
お互いに、そう思いましょう、ね。



ぷぅちゃん☆さまへ
ヘザーあいす
ぷぅちゃん☆さま

いや、まったく、(深かないんですが)老後の楽しみは老前からということを体得しただけでもヘーちゃんとの生活には意味があったな、と思います。
今の私がいちばん人に訴えたいことっつったら
これかも。

「だから遊びに行ってきまーす」って続くんですけどねv-413
お互い、なんとか自分の時間を捻出して遊びましょうね!!
マジに遊べるネタを捕まえた人こそが真の勝ち組。
この「ブログ」ってのも相当いい、マジな「遊び」ですよねv-290

コメントを閉じる▲
1階のヘーちゃんちの洗濯機が壊れて久しい。
ってか、亡きじーじが自己流修理を重ねに重ね
もう限界、火を噴きそうってぐらいにまでなったので
コンセントをちょん切って放置してあった。
そうまでなっても
へーちゃんがコンセントに電源さそうとするので致し方なく。
ある日なんだか動かないの、おかしいのよと言われて見に行くと
コードを裸にして、セロテープをぐるぐる巻いて
そこが煮とけ、なにやら嫌なにおいが立ち込めていたという……。
きゃあ~~や~め~て~~~
ああ恐ろしい。
歴史的なスゴミさえ感じる2層式洗濯機でございます。


以来ここ2年、ヘーちゃんの洗濯は私が2階へ持ち帰ってやっていた。


いた?そう今や過去形。いろいろあって
ついに全自動洗濯機を買ったのです。
これが中古だけど素晴らしくよく働く。

なんて楽なんだしょう。
2階にアンモニアくさーーいずっしりと濡れそぼった(おちっこで)洗濯物を
持ち帰らなくていいんです。
室内干ししかできない事情のある我が家で
乾ききるまでヘーちゃんのパンツやらなにやらがみっしりかかってるのを
見なくていいんです。
洗っても洗っても取れないアンモニア臭で憂鬱にならなくてもいいんです。
(いや、いい匂いが売りの柔軟材のその匂いも、もう嫌で嫌で……)
その場ですぐ放り込んでごんごん回して
1階で干せて取り込める。

長いこと、新しい洗濯機買ったって
ヘーちゃんが操作を覚えられるわけないじゃん、と思っていたんですが
なんの!ヘーちゃんがどうこうではなく
まさにこれは私のための買い物だったのでした!!

機械ひとつでこんなにストレスが減るなんて。
洗濯機って素晴らしいなあ




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!

【2009/05/16 12:35】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
今朝、いつものようにヘーちゃんを起こしに&ご飯を届けに1階に行きまして。
トイレの点検をしようとそちらに向かったその時。


素足の足が水溜りに!んぎゃ?


……きゃうん。
オチッコの水溜りかあ……。
気をつけようと思ってても時々はまっちゃうんだよなあ…

「へ~ちゃ~ん、廊下濡れてるよ~~~」
「あら?」
「新聞紙置いとくからねーー、ひっかかんないでねー」
(膝付いて拭いたりしないんだな、私。このものぐささ。てへへ)
「おかしいわねーー、そっち行ってないわよー、お水こぼしたりなんかしないわーー」
「おかしいですねーー」
「おしっこも、漏らしてないわよーー?」

……漏らしたんですよ。

ヘーちゃんちではスリッパ必須と思ってても
この頃の陽気では素足が気持ちよくって
つい失念。
出勤間際にやってしまいました……

最近はもう慌てず騒がず「やっちゃったよ…」と
思うだけですけどね……。

私もいよいよ図太くなってまいりました。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!

【2009/05/15 16:18】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |


ぷぅちゃん☆
そりゃータフにもなりますやな♪
だって数日のガマン、っていう話じゃないですもんねぇ~。

お互い ぼちぼちいきましょー^^ノシ

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。