「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ところで
話には聞いていたけど

認知症の本人も

不安らしい。

へーちゃんも
「私、最近ちょっとおかしいのよ‥‥」と言う。(わたくしは内心「ちょっとっすか?!、最近っすか?!」と毒づく。)

記憶なんか
壊れたって混ざったって無くなったって
生きててそのとき何とか楽しかったらいいじゃない、と思っていた。
そう思う自分が先見的?な気もしていた。

ところが全然そうではないのね。


いろんなことのつじつまが合わない、と自分でもわかる時、それがとても度々であったら。
家族ともトラブルになるし、怒られるし
まじめに話を取り合ってもらえていない気もする。
理解できないことも次々起こるし
テレビも何言ってるのかよくわからないし
野球選手は知らない人ばかり。
ましてやへーちゃんは
お金の管理も“させてもらえない”。

‥‥それが楽しい訳はないなあ。

もしそれでも楽しめたら
そりゃ、もう、仙人の域か、はたまた
もう人格としての統一性が既にナイかも‥‥(いや、それでもいいですけど。
と、思うのは自分じゃないからで。)
「楽しくない」のが
ニンゲンとしてのせめてもの抵抗、なのかもなあ、なんてね‥‥。

まあそれほど
なんであんななんだと考え込んでしまうほど
へーちゃんは退屈そうでつまらなそうにしているのです。
(デイサービスに通うようになって
ほんの少し違ってきたかなあ‥‥)


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
スポンサーサイト

【2008/05/05 13:45】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。