「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーちゃんは
なかなか喜ばない、うれしがらない、楽しまない。

ずっと長いこと
私の喜ばせ方が足りないから、サービスが至らないからと思っていたけれどどうやらこれは彼女の持ってる強烈なパターンらしい。
というか、これも認知症のなせるワザなのだ、多分。

私に対してだけでなく誰にでも何にでもそう。へーちゃんに誰が何をしても絶対、しんねりと一言二言言うんだよねえ。
たとえば誰が作ったお料理に対しても
無表情に「あら、おいも、大きいのねえ」あるいは「小さいのねえ」
「柔らかいのねえ」いかんのかい「たくさんねえ」あるいは「ひとつねえ」
「**が入っているのねえ」「**が入ってないのねえ」「甘いのねえ」「辛いのねえ」
「おつゆが多いのねえ」「実が多いのねえ」‥‥‥えーとえーと‥‥
‥‥うるさいよっっっ(失礼)

(最近、私は「そうですかあ?」とにこにことぼけるワザを身に付けました。かなりしのげます。)

亡くなる前のじーじも「あんたは一言どうしてもなんか言わないといられないのか、黙ってられないのか」とよく怒ってた。
するとへーちゃんは平然と「けなしてないでしょう(ものすごく心外そう)、感想を言っているの。感想言っちゃいけないの?」としれしれっと言うんだ。

うーん。
へーちゃんにしてみたらほんとにそうなんだろう。
多分、ほんとに、その瞬間、ただそう思って、ただ口にしているだけなんだろう‥‥。
でも言われるほうは、いい気持ちはしない。
(明るいうれしそうな顔で言ってくれたら全く印象が違うと思うんだけど。)
そして「おいしいですか」とか「お口に合いますか?」なんて間違っても聞いてはいけない。
「そうねえ‥まあ、まずくはないわねえ…」とぐっさり瞬殺まちがいなし。

ね?ただの、姑に対する嫁のグチみたいでしょ?

認知症なの?ただの性格の悪い姑なの?
何か脳の器質的な特徴というか障害なの?
それともやっぱり私の料理がちょーーーーへたくそなの?
これがわからなくて、こっちが意欲喪失、げんなりうんざり、人に八つ当たり(気の毒)なんてこともあったあった。

今は、やっぱりちょっとヘンだと思う。
だって、このことに限らず
あまりに目の前の人の気持ちに頓着しないから。KYの極み。
ちょっと前は「感想言っちゃいけないの?」と言っているうちに気分が昂じてきて
「私は自由に物も言わせてもらえない~~、みんな私が死ねばいいと思ってるんだ~~」と
きいきい叫んだあげくしくしく泣いたりすることもあった。

これはやはり「症状」だ。


と、ほかの面々もわかってきたので
へーちゃんをなだめたり、家族同士顔を見合わせたり、時にはほかの人もさらに激昂したり
もう食事どころではなくなってしまう、なんてことはなくなった。
「はいはい、そうね」って流すしかない。
私も、その度にいちいちへこんだりしない。
ちょっとコンディションが悪いといらいらしちゃうけど。

そう、私が今、自分に欠けていると思う、すごく欲しいものは
底抜けの突き抜けた朗らかさ、強さだ‥‥。
胆力とでもいいましょうか。

あーあ、ちょっと人格の恣意的改造が必要かなあ、私‥‥。
滝にでも打たれてみようかな?w


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
スポンサーサイト

【2008/05/17 16:41】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。