「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々
ついうっかりへーちゃんに
「どうですか?これ食べられますか?」などなどと聞いてしまう。
(ごく当たり前の人間的な会話としてねえ‥‥)
言葉半ばで「あ、いかん、余計なことを言ってしまった」と既に後悔してるんだけど
的確に答えは返ってくる。

「食べられますよー。わたしはなんだって食べますよー」

ああああ、いけない始まっちゃった。
「戦争中はねえ、なんだって食べたんだから」に始まる一連のストーリーが滔々と語られ始める。
戦争中にはいなかったはずの人(家族うちの)が登場し、
そのころ住んでなかった所で、そりゃもう荒唐無稽な展開をする。
話すたびに、一字一句違わない。
でもにっこし笑って(胆力だ、私!胆力を使うのじゃ!)
「そーーーですかあ‥‥‥」(300回は聞いた話だけど)

これ、へーちゃん、嫌いじゃないかな?と思ってそう聞くこともある。

「嫌いじゃないわよ?」
そう
「ただ、あんまり食べないだけ」そうですか。
「無理に食べようとは思わないわねえ、でも嫌いじゃないのよ?」「残すこともあるわねえ、でも嫌いじゃないの」
ま、そりゃ、いわゆる「嫌い」?気を使ってるのかなあ。往生際の悪いこって‥‥
わっはっはっは!(意味無く心のうちで笑ってみる)


戦争中は何でも食べた、か。

そりゃ、まずいけど我慢して食べてるってことじゃん。
おなか空くからしょうが無くて食べてるけど不本意ってことじゃん。

やれやれ。

あっはっはっはっは!(無理にでも笑おう!!)

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
スポンサーサイト

【2008/05/19 10:00】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/05/19(Mon) 12:00 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。