「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて‥‥。
時々へーちゃんに困ったりもしつつ
でも、まあ、世間のヨメにありがちな事象の域を出ないまま
(「もうっ、ばーちゃんは孫だからって甘やかしすぎっっむかああっっ」とか
「どうせ私の料理はまずいわよっっっ」とか。www)
日々は過ぎ

そしてある日、れいの件が露見する。

パチスロでこさえた250万の借金。

ああ、こう書いていても背筋が寒くなる。
都市銀行でよかった、これがヤミ金であってごらんなさい、
今頃どーなっていたでありましょう。

ま、それはさておいて(むかむか)

さすがにこれはおかしい、と
へーちゃんの認知症を疑って
じーじとダンナと息子までもが付き添って一家総出で
やっとこさっとこ病院に連れ出した。

それも大病院で待ってなんかいられない、と
即効即決、じーじのとこに来てもらってる往診の先生の外来。

これ、間違えたなあ。

その先生は内科の先生で
先生自身も結構なお年で(80ぐらいだ)
患者さんも高齢者てんこ盛りだから
そういう診断には長けているだろうと思ったのだ。

しばらくへーちゃんを問診&一通りの健康チェック。

そして診断。
「これくらいでは、痴呆とは言えませんなあ」

‥‥えええええええっっっっ
こんなにおかしい(失礼)のに????
うっっっっっそおおおおおおおっっっ


今は
家族から話も聞かないで
アルツハイマーの診断基準も示さないで
CTも撮らないで

よくもそんなことが言えたな、と思う。

せめて「これこれこういうところに行ってみなさい」って教えてくれるとか。
じーちゃん‥‥、大丈夫なのか?その診断‥‥
と思ってたらそのあとすぐに引退なさっちゃったけどねさすがに。
おいおい‥‥。


というわけで

これから、受診なさる方、
受診先は
内科ではありません。

物忘れ外来、精神科、神経内科、老人科です。
検査用の機材がそろったところに行くべきです。
評判の高いところを探してください。

あとから探してみたら
高名なところが数箇所、比較的近いところにあって
なぜ最初にかからなかったかしら、と悔やみました。

ただでさえ、お医者さんの前ではがんばっちゃっていい子ちゃんのへーちゃんは
「何の病気も見つからなかった」ので
「そーれごらん」と胸を張ってしまい
受診しなおしなんてとうていできなくなってしまいました。

へーちゃんが本気でいや、と言い出したらてこでも動かない。
動かないったら動かない。
なだめたりすかしたりだましたり(!)
連れ出すのにエネルギーを使い切ってしまって
家族中ぐったりうんざり。
違うところに受診しなおそうなんて気力を使い果たしてしまったのでした。

(それでも受診してたらなんかちがったかなーとうっすら思いますが‥‥)

ここんところさぼっちゃって
へーちゃんに悪かったかなー
でもきっと大して差はなかったんじゃないかなー

あ、差があるとしたら
だんなの認識に、だ。‥‥そうだったかもしれない‥‥。はあああ‥。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ



スポンサーサイト

【2008/06/15 10:14】 | '06.12以前の様子
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。