「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーちゃんはデイサービスに喜んで通ってるか?すごく楽しんでいるか?というとそうでもないふうです。一見ね。

帰ってきたへーちゃんに、「今日はどうでした?」と聞いても
「別に‥‥たいしたことはしなかったわ‥‥」とぼっそり言うの。
「何があるわけでもないしねえ‥」って。

そんなことないでしょう、連絡ノートには園児交流会と歌唱とかいろいろ書いてありますけど?これが嘘なのかなあ。

ま。私にしてみたら「私が手続き等々をワザワザシテアゲテ、イカセテアゲテルノニつまらないつまらいってどーゆーことよっっっぷんすかっっっ」といらいらすることも正直ありました、はい。
でもだいたいそもそも、行かせてもらってるなんて思ってるわけないもんね。
「なんか役所から来いって言われてねえ」とおっしゃてますし。
今はね、もう迎えの車に乗ってくれるだけでありがたいです。

ところである日
へーちゃんのデイサービス、もう一日増やしたいですか?と
ケアミーティング(ケアマネさん、デイサービスさんと私と、ちょびっとへーちゃん)で聞かれましたので即答「家族としてはOKです!!」

へーちゃんには後日
「あのねえ、へーちゃん、すっごくお忙しいと思うんだけどもしちょっとだけ時間があったら
へーちゃんに来て欲しいってぴのぴの(デイサービス)の人が言うのよ。
そんなこと言ったって、へーちゃんにだっていろいろやることがあるのにねえ
‥‥どうしますか?」
と、ちょっと困ったふうに持ちかけてみた。

すると「そうねえ、まあ、行ってみてもいいかしらねえ」


にやり。やったよ。


追い出す、失礼基い、送り出すまで毎回ひと悶着あってあたしゃかえって手間増やして自分の首絞めてるかい?と思うこともありますが
ふーちゃんの身柄の安全と生活リズムと刺激あーーんど
昼ごはんの心配しなくていい安堵感には代えられません。

てなわけで週2ペースが始まって
何週か過ぎました。

すると
「そんなしょっちゅう行かなくてもいいわあ。行ってもどってことないし‥」とか
「あら、きょう、ぴのぴのに行く日?昨日も行ったわよ」(昨日じゃないよん)等々
ちょっと嫌がる風を見せるようになりました。
ほんっとーにいやなら無理強いもできませんが
にっこり「じゃ、やめましょっか」というと
ちょっとあわてて「やめるほどのことでもないけどね」。

‥‥にやり。ちょっとわかってきた。

へーちゃん世代にとっては
謙虚、謙遜は美徳なのだ。

たいへん間違った謙遜だと思うけど
自分がやってることなんかたいしたことないって、
私だけ楽しかったら申し訳ない、
楽しいなんて申し訳ないと思うらしいんだ。

今やものすごく珍しいですが、うれしい、楽しい、おいしいと「つい」表明しちゃったあと
必ず一言けなして台無しにしてみせるのもそういう「逆フォロー」なんでないかと。
いかにつまんながっているかを表現することに腐心なんかしてくれなくていいんだけどなあ‥‥。
随分高級な演技だなあ‥‥。
頭回ってるなあ‥‥。
いや、「反射」っつーか「習慣」なんだろうなあ。

おかげで
へーちゃんが何を楽しんで、何をほんとにいやなのか
さっっっ


ぱりわかりません。
そのわかりにくさったら、もう。
不親切の極みつっ-か。

いかに楽しむか、楽しみを見つけるかに一生懸命になってほしい、というのが
家族の願いなんですが
伝わりませんわねえ、もうねえ。

へーちゃんのパーソナリティーもあるけど世代のカラーかもしれない。
一歩引いてまず家族のために、自分の楽しみは一番最後か「なし」
へーちゃんはまだ子どもって年齢から40近くまで働き詰めだったし‥‥
そんな人に急に「楽しんでいいんですよ、好きに遊んでください」って言っても難しいんだろうなあ。
(だからパチスロにのめりこんじゃったんだね)

っつっても待てよ、40からこっち、40余年間もこれといった趣味も見つけられずに過ごしてきたの?
いろーーーんなことが好きでたまらず、これからもそれらをじっくりやることを全然あきらめていない私には、その状況が信じられない。
だって、「好きなことを見つける」あるいは「何かについてやるべきことと思い定める」って
ジンセイの命題のひとつじゃないの????
自分に課せられた、頂いた自分の命をもやすための宿題みたいなものじゃないの?

‥‥へーちゃんには、そんなこた、どーでもいいんだなあ‥‥。

ただ「日々暮らして行く」。

これこそが、これだけが、
震災も戦争も、略奪婚(わおう)も高齢出産も経験してきたふーちゃんの「仕事」だっだのだとしても
無理はないし、責められるわけもない‥‥。

私とへーちゃんて
なんて違う人間なんだろう、なんて違う価値観のなかで生きてきたのだろうと
思うわけです‥‥‥。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ものすごく励まされています。ありがとうございます。

スポンサーサイト

【2008/06/18 09:38】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |

にやり
ree
この『にやり』の快感にとりつかれまっせ(もみ手)

昼ごはんの心配をしなくていい安堵感・・・

自分だけなら何でもいいんですもんね。ほんと。
うちは今年からじじが要支援になってしまい、週1回になってしまったので、そのシアワセは減ってしまいましたが、また何とか奪い取ってやる~という意気込みで作戦を考えています。

まずは自分たち夫婦のシアワセありき、ですよ!!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
にやり
この『にやり』の快感にとりつかれまっせ(もみ手)

昼ごはんの心配をしなくていい安堵感・・・

自分だけなら何でもいいんですもんね。ほんと。
うちは今年からじじが要支援になってしまい、週1回になってしまったので、そのシアワセは減ってしまいましたが、また何とか奪い取ってやる~という意気込みで作戦を考えています。

まずは自分たち夫婦のシアワセありき、ですよ!!
2008/06/27(Fri) 07:59 | URL  | ree #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。