「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調べてみたところ
多分、1993年NHKで放送の「驚異の小宇宙 人体II 脳と心」だ。

とても強い印象を受けて
以来たびたび思い出しているシーンと言葉は。

脳内で
ぴかん、ぴかん、と記憶が増える。
瞬く間にその間々をシナプスが走り、つなげていく。
そのさまを
天空に輝く星々に見立て
「あなたの記憶は、
二つとないあなただけの星座をつむいで輝いているのです……」と語られる。


こう書いていても、その通りだ!と思えてぞくぞくする。

だから「人は記憶でできている」
「私は毎日を生きながら、毎日自分をつくっている」んだと
思って生活してきた。

その記憶が薄れたり、混乱するということ。
記憶を留め置けないということは
自分の人となりをなくしていく事ではないの?

もちろんそうだ。

私はそんなこと絶対に願い下げだ。
そうならないために、せいいっぱい生ききってやる!と思っている。

でも、目の前のへーちゃんは‥‥
認知症と戦う気力をとうになくし、というか
戦意といったものなどはもとより持ちあわせてはいず
おめおめと自分をなくしていっている。

というふうに私には見えてしまって
へーちゃんに対してすごく腹が立つのだ。

この怒りがすごく邪魔だ。
へーちゃんと暮らす上で。

少しは自分で何とかしようと思ってくださいよ。
少しは自分で立ち直ろうとしてくださいよ。
という怒り。あきれ。

しかしへーちゃんとて「おめおめと」ボケテいるわけではない、のね、どうも。

へーちゃんも混乱している。「自分、なんか、変」と。

そしてなんとか自分なりに事態の収拾を図ろうとするんだけど
現実に即していないので
ますますへんてこな困ったことになってしまう。

認知症の症状とされている
唐突な怒りも問題行動も
多分、こういうことなんだと思う……。
必ず何かそれなりの理由があるんだ、と
理解しようと、へーちゃんの心を推し量りながら、
軌跡を想像しながら接しようと思えども

でも、腹は立つんだよね!やはり。
(ブログを再開しても同じようなそんな事例の記述をただ増やすだけかも‥‥。)

いつか怒りより
へーちゃんへの「あい」が勝り
心から穏やかな気持ちでお世話できる時が来るのでしょうか??

まーるで修行っすね‥‥。
そうねー、修行と思おう‥‥。


(amazonで売ってました。
もう一度見てみたいけど、ちょいお高め。↓)




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
スポンサーサイト

【2008/12/30 13:09】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |

No title
ぷぅちゃん☆
修行まっさいちゅうのわたくしです(^^;)

「心から穏やかに」なるのは、
大変失礼ながら 亡くなられたときだと思います。
それまでは、多少なりとも 不快な気持ちは起こります。
その気持ちが起こることを、そんな自分を
どうか責めないでください。
起こって当たり前なんですから。
それをいかに消化・排泄していくか、ですから。

来年は今よりもっとよい年になりますように
^^ノシ
どうぞよろしくお願いいたします^^

Re: No title
ヘザーあいす

> 「心から穏やかに」なるのは、
> 大変失礼ながら 亡くなられたときだと思います。

亡くなっても尚、あれこれ思うのが遺族で
「心から穏やかに」なれるのはいくらか時間が要るもんですもんね‥‥。

不快な気持ちが起こる、のも
じぶんが生きてればこそだよなーー
生身だもんなーー

と思いつつ、にこにこしながら
内心悪態つきまくりなんですけど
自分、人間としてのバランスを欠き始めてるんじゃないか、とソコが不安で。
たはは。

> それをいかに消化・排泄していくか、ですから。

ソコですよね!ほんとに。

‥‥ぷぅちゃん☆ さまの一年も実り多きものでありますように。
ご訪問とコメントありがとうございます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
修行まっさいちゅうのわたくしです(^^;)

「心から穏やかに」なるのは、
大変失礼ながら 亡くなられたときだと思います。
それまでは、多少なりとも 不快な気持ちは起こります。
その気持ちが起こることを、そんな自分を
どうか責めないでください。
起こって当たり前なんですから。
それをいかに消化・排泄していくか、ですから。

来年は今よりもっとよい年になりますように
^^ノシ
どうぞよろしくお願いいたします^^
2008/12/31(Wed) 22:57 | URL  | ぷぅちゃん☆ #C8U5YJ.g[ 編集]
Re: No title

> 「心から穏やかに」なるのは、
> 大変失礼ながら 亡くなられたときだと思います。

亡くなっても尚、あれこれ思うのが遺族で
「心から穏やかに」なれるのはいくらか時間が要るもんですもんね‥‥。

不快な気持ちが起こる、のも
じぶんが生きてればこそだよなーー
生身だもんなーー

と思いつつ、にこにこしながら
内心悪態つきまくりなんですけど
自分、人間としてのバランスを欠き始めてるんじゃないか、とソコが不安で。
たはは。

> それをいかに消化・排泄していくか、ですから。

ソコですよね!ほんとに。

‥‥ぷぅちゃん☆ さまの一年も実り多きものでありますように。
ご訪問とコメントありがとうございます。
2009/01/02(Fri) 18:22 | URL  | ヘザーあいす #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。