「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝はちゃんと起きていて
食卓の前に座ってらしたへーちゃん。
旅行ガイド本をめくりめくりしながら
「私はたいしてどこも行ってないわね………」

あっれー?いつもと全く言うことが真逆だ。
いつもは
「私はねえ、日本全国どこへも行きましたよ。
行ってない県は2つだけ。
台湾も行ったしねえ
砂に埋められちゃうのよ」と1時間に4回はお話しになるのに。

と、言うと
「うそよお、誰がそんなこと言うの?
誰かの話でしょ?
私はたいしてどこも行ってないわよおーー」
と心底心外そうで怒り始めちゃったのだ。

「えええええーーーー
あんなにあんなにいつもいつも話してたのに?!?!
はいはいはいはい、ヘーちゃんがそう言うなら
きっとそうなんでしょうーー」
と、思わず大笑いしてしまったんでした。
笑い飛ばすしかない、にしても
ちょっと冷たい皮肉な笑いに聞こえたかなあ………。

ヘーちゃんの脳みそは順調に縮んでいるようだ………
楽しかった記憶もなくしていくなんて残酷だなあ……

ヒトは、体が動かなくなっても
イマジネーションや思い出で楽しめると思ってたけど
それはけっこうコウキュウなことなのかも知れず……。

そうして、ヘーちゃんのジンセイをヘーちゃんから聞いて推し量るしかない私は
今日もまたひとつ「ほんとのこと」がわからなくなるのでした。
(“日本全国~”の件だってほんとかどうかよくわからないでいたのにねえ。)

(それにしても
へーちゃんとの暮らしで「ほんとのこと」に意味がなくなって
久しいなあ………)


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

【2009/06/06 12:31】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |


ぷぅ☆
近所に住んでる親戚のおばちゃんがですねぇ、
自分の娘の若い頃の踊りの写真を指して

「あれ、アタシだよ、
 昔はあーんなキレイだったんだよ」

と私に言いましてね。

それが娘さんのだと知ってるから
ちょっと・・うん、内心驚きましたが

10数年前に近所に嫁いできた私を
「○○んちの嫁ちゃん」と覚えていてくれたことだけでも

すばらしいことだよな、と思い

その日はおいとましました。

なんか・・
人生、いろいろ、ですよねぇ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
近所に住んでる親戚のおばちゃんがですねぇ、
自分の娘の若い頃の踊りの写真を指して

「あれ、アタシだよ、
 昔はあーんなキレイだったんだよ」

と私に言いましてね。

それが娘さんのだと知ってるから
ちょっと・・うん、内心驚きましたが

10数年前に近所に嫁いできた私を
「○○んちの嫁ちゃん」と覚えていてくれたことだけでも

すばらしいことだよな、と思い

その日はおいとましました。

なんか・・
人生、いろいろ、ですよねぇ。
2009/06/10(Wed) 12:15 | URL  | ぷぅ☆ #C8U5YJ.g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。