「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーちゃんのおかずを
食べやすいように、と刻むと
今度は箸でつまめない。
そしてぱっと見、何だか分からない。
「これは何?」と延々と聞かれ続け
答えても分からないヘーちゃんにちょっとショックを受けることになり……。

(「これは何?」
「厚揚げですよー」
「?」
「あーつーあーげー」
「へーろーめーたー?」
「ちがう、あーつーあーげー」
「あつあげ?」
「そう」
「なるあげ?」
「あーつーあーげー」
「あつあげ?…あつあげってなんだっけ?
そんなの食べたこと無いわ……」
「……!!!!」

なんてふうに、ものの名前とそれにまつわる記憶がすっぽりなくなっていることがある。
この前は「どしゃぶり」がわからなかった。
その前は……
こちらが何か特殊な用語か方言かを言っているような気がしてくる。
あれえ?どしゃぶりって普通言わないんだっけ?なーーんて。)


では、お箸やナイフで切りながら食べられるように、と
軟らかく煮て大きめに出すと
「あら、随分大きいのね、もっと小さく切るものよ?」
うるへーよ
「文句言ってるんじゃないのよ、
ただそうだって言ってるだけ」
うるへーって。

この「文句言ってるんじゃないのよ」~。
へーちゃんはとてもよくおっしゃる。
ウチでもこれを皮肉たっぷりに言い合うのが
一時はやっちゃっておかしかったなあ。
言われた方が決まって「ぎゃーーー!!あんたまでやめてーーーっっ」と
悲鳴を上げるのが面白くて(おい)。
何回かやるうちにお互いすっかりうんざりして
影を潜めましたが。
(なにせ、ご本家へーちゃんの攻勢は全く衰えないわけなので……)

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

【2009/05/31 12:00】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。