「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末の食事にはもう一つの側面がありまして調理があれば洗い物がある。

ご飯を出していただいていた間洗い物は私の役割だった。
いや当然ですどってことないです喜んでやらせていただきますぜんぜん抵抗はありませんほんと。
しかし決まりきった会話が毎回つきまとう。
へーちゃんは言う。「いいのよ、へざーちゃーーん。流しに置いといてもらえればー」あるいは
「いいのよあとでゆっくり私がやるから放っといてーー」
私「いいんですーーせめてこれぐらいーー(とかなんとか)」

結婚数ヶ月目、へーちゃん曰く。「○々さんとこのお嫁さんたらね、掃除とか洗い物とか、ちょっとこっちが遠慮して“やらなくていいのよ”って言ったげると真に受けてなんにもやらないんですって。いやああねえええ」

……どっひーーーー!!!うきゃあーーー!!
なんて恐ろしい!!!
やっぱり真意はそこにあるのか!
これはやっぱり単なる様式美だったのか!!!

以来どんな優しいことを言われようと
必ず洗い物はしましたさ。
風邪引いて寝込んだり、乳児育てで心底へばったりしてパスした数回を除き。

そして………
この「様式美」、へーちゃんの強い「こだわり」となって今に至っているのです。

私が台所に洗い物のために立つ度にばばが
しつこくしつこくしつこく繰り返す。「いいのよわたしがあとでやっとくからへざーちゃん座ってなさいよ適当にしといてそこらへんでもういいわ」×∞。
居間から叫ぶように言い続けるか、背後に立ち追いすがるように言い募るか横に立って繰り返すか。

念のため書き添えますが、今のへーちゃんに洗い物は無理。
どこかにつかまらずには立ってられないし、つかまっても終始ぐらぐらしてる。
何とか頑張って洗ってあることもあるけど(驚くね!)
……月に一回お皿が2枚、が限界。
大人ほぼ4人が食事した量を洗うなんて無理。と決めつけることなく「じゃ、お願いします。と言い放ちたい誘惑を振り払い、ああ、この週末も「善意の言いつのり」(?)をどうにかやりすごさねばなあ。
口を開くと「うるさいっっっ」と振り払ってしまいそうになるので黙々と洗ってしまう。
果てしなく繰り返される病的な言いつのりに辟易するのは、普通の反応ですよね?
親切心に欠けているにしても。……「いいんですよ~~」「あっはっは、へーちゃんたらもう頑張っちゃって~~」等々と笑い飛ばして流す親切心。
もう20年もやってるんです。いい加減黙って洗い物させて下さいよ……いつも悪いわね、ぐらいでさくっとやらせて欲しいんですよ……。

(あののろいの呪文みたいなの、言ってるとへーちゃんは何か気持ちがいいんだろうか?「ヨメに親切な自分」のイメージの補強?
私ものろい返しの脚本を書いて延々と返していればいいのかな?「いいんですよゆっくりしててくださいこれぐらいどってことないですいいんですよ、ゆっくりしててくださいいいんですよゆっくりしててくださいいいんですよゆっくりしててください」
ああ「姑に親切な自分」のイメージの補強にもなりゃしない。はははははは。)


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

【2009/11/12 14:51】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。