「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の記事で失禁が始まったのは'09秋と書いたけれども、
ちょっと不正確でした。量的に目立ってきたのが、ということです。
4年前からほとんど常に
衣服は尿臭がしていたなあ……悪いときははっきり湿っていた。

'10.4頃
対策=パッドを購入
結果=ばば。「これは若い人が使うものよ」
   ああ。何を言いたいのかはわかる。オワッテ40年近く経つのによく分かりましたね。
   いや、分かってないのか。
   
   これ、トイレに3回詰まらせました。
   そのうち1回はなんと病院のトイレ。
   流す寸前に気がついてなんとか事なきを得ましたが
   (その時介助してた旦那が泡喰って飛び出てきましたよ。半分流れかけたところを阻止。)
   うちではいちいちトイレには付いていかないので、一面水浸しになってるところに遭遇して大騒ぎ。
   ゲル状のものって膨れちゃって回収しにくいので水道さんもその度手こずった。
   修理代もそりゃ……。

   「だっていつも流してたもの、こういうものは」
   そんなわけないでしょう。
   およそこういう商品で流せる物なんか皆無でしょう。
   もううーーんざり。
   

そして対策=通販で失禁用パンツを購入。
結果=20CCや30CC吸うのを買ったところで、役には立たず。甘かった。
   まだこの頃は、時々失敗するくらい?という認識だったもので。
   しかしそもそも、パンツを履くという基本的習慣が壊れてしまった人には無効。

さらに対策=じゃあ、部屋中に吸水マットを敷いてみたらどうか、と。
      最近は100均でも介護用品は充実している。びっくり。
      あ、ペットシーツも使えるんじゃない?
      あの通販の超吸水マジックシート、みたいのもいいんじゃない?
      といろいろ買い集めて敷いてみた。

      いやあ、よく吸います。
      それ用のは防臭効果もばっちり。

結果=ところがね。既におしっこが浸みてるのに臭いもしないもんだから
(いや、臭ったところで同じなのかもですが)
へーちゃんが枕に敷いて寝ていたり、ひざ掛けにしたりするんですよ。
どっひーーー。何回取り上げてもその度にトラブルになる(「なんで黙ってはがしちゃうのよ、きーーーーっっ」とか)のでくたくた。
この作戦は撤回。

どしたらいいのーー


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2011/02/10 10:16】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。