「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'10.12
もひとつ対策=介護用品には乳幼児用品も使えることを発見!防水シーツはつまりおねしょシーツだ。添い寝用の、つまり大人サイズのおねしょシーツもちゃんとある。すばらしいね!こちらはパイル地の柔らかい肌触りでゴム引き感触は裏側。難としては、洗濯後乾きにくい。乾かすコツはゴム引き感のあるほうを表にして吊り下げること。意外だなー、逆かと思ったなー。
結果=このシーツはへーちゃんにも好評。もっと買おう。(生協のカタログにあります。ウチは東京mycoop)

ところでそんなある日、見たことのない大量の失禁があり、へーちゃんが悄然と落ち込んでしまった。
もうだめなの、私~~ひいいいい……と布団をひっかぶっている。
なんでこんな日に限って正気なんだか。気の毒に。
顛末を往診のお医者さんに相談したら
ポータブルトイレを置いたらどうか、と勧められる。

94歳のばーちゃんを看取った友人の体験談として
ポータブルトイレは亡くなる直前に入れるだけにしないと
入れた途端に体力落ちるよ、トイレに行けるうちは意地でも行ってもらったほうがいいよ、と
聞いていたので
逡巡する。

そして、先生が言うことには
排尿がコントロールできないのは
神経性頻尿かも知れない
あるいは膀胱の筋肉の衰えかも知れない。
後者の場合は専門医の検査を受けないと。
と、いうので水虫治療で受診するのさえ、生きるの死ぬのの大騒ぎで
家族(というか私だ)は疲労困憊、正直言ってそんな検査なんて簡単には受けられない、と
訴えると、それでは試しに神経性頻尿の薬を出してみましょう、ということになった。
効いたら幸い、効かなかったらやめる、ということになって
お医者さんが帰ってからふと食卓の上を見ると
なんじゃこりゃあ!!!
……これだよ、蜜柑だ。……皮が7つ分ありました。
隣のおじさんがくれた蜜柑をへーちゃんにあげたんだっけ。
……蜜柑、いっぺんに食べたんだ。7つ。はああ。
そりゃ、おしっこいっぱい出るよなあ。
いっぱいいっぺんにあげた私が悪いやなあ。
……だから処方された薬は一回もへーちゃんに飲ませてません……。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2011/02/14 10:31】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。