「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一人のお医者さんにも相談したら(2人来てもらってる)
じゃあ、手すりはどう?と。トイレまでの動線を整理して行きやすくしたら?
工事不要の置くだけの(何せ賃貸アパート)手すりを見た事あるよ、と。
それだ!と検索したらありましたとも。
早速レンタルして据え付けました。
部屋の模様替えをがんがんやってだんなの思い出深い勉強机だの(まだあったんかい)食器棚だのを
粗大ごみにバリバリ出し。すごいよ私。

ものすごく部屋の様子が変わったのでふーちゃんの反応や如何にと思いましたら
これがあっさり順応しまして手すりもものすごく活用してる。
だんなが「手すりどう?」と聞くと
「なんかじいじがまた好きにやったのねえ」って言ってたとのこと。
じーじは4年前に死んでますって。

手すりを勧めてくれたお医者さんに
「5回分も吸う紙パンツはかせて、トイレには自力で行けって
わたしのやってることは矛盾してますよね」と言うと
「でも骨折の危険は減った、と考えればいいと思いますよ!!」

なるほど!そうですよね!

ポータブルトイレを居室に置くと
週末2日間の夜、家族でここで夕飯を食べる習慣には終止符が打たれるだろうと思う。
だって、さすがに、ちょっとおトイレで御飯食べるようなのはやだな。と私が思っているわけなんだけれども…。
そしたらヘーちゃんの孤独は深まる。ってことはボケが進行するということだ、多分。
それは避けたい。
今も食事時、決してみんなにこにこと幸せにごはんを食べるわけではない。
もう諍いがあったり、いらいらしたり、ご飯にケチはつくし
一緒に食べないほうがまし、なのかも知れない、けど
でも家族で一緒にいるってそういうことだ、どっちにしろ。
なんのかんの大騒ぎしてがやがや過ごすってことだ。

ポータブルトイレはできるだけ先延ばしにする。
私は今回そう選択しました。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2011/02/15 10:34】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。