「人は記憶でできていると思っていた。」から改題しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月29日(水)のtwitter記事まとめ

へーちゃんのデイサービスへの送り出し作業のさなか、ダンナがちょっと顔を出してすぐ帰った。ヘルパーさん「息子さん来られましたね」「え?息子」「ええ、今来られました」「息子って言われてもねえ。昔のことだから忘れたわ。これが息子って言われても分からないわよ。孫もいないし。」


ヘルパーさん「お孫さん、いらっしゃるでしょう?ほら(写真)今はすごく大きくなってらっしゃるけど…」「そうよ?」がくっ。私「私は誰?」へーちゃん「………(ヘルパーさんに)教えてあげて」ヘルパーさんが「お嫁さんですよ」「えええ?……誰の???」………。

いちいちびっくりもしないけれども、人ってこうまで忘れるものですかね……私やダンナは一応“ライフライン”だと思うんだが……。ま、いーや。できたらなるべくなんの自覚もなくぬくぬくと衰えて行ってほしい。変な言い方だけど。……ほんの時々、自覚できちゃって辛そうだ…。


(へーちゃんのおつむの調子は日によって違う。この日の忘れ方はちょっと酷いほうだったと思う。
 '11.2.26記)

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
応援ありがとうございます!

スポンサーサイト

【2011/02/26 14:04】 | ’08.4.10以降
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。